FC2ブログ

ライブバー?を開業を目指す男のブログ。

kushの日記サイト

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インド旅行記1

2012/04/19 23:14 ジャンル:ロック 一人旅 初心者 バックパッカー インド カレー Category:バンドマン日記
TB(0) | CM(0) Edit

インドに一人旅してきました。

よくインドに行くと人生観変わるとか言われるけど
人生観は特に変わりません。
ただカルチャーショックはかなりあります。

インドの印象はとにかく

”カオス”

うるさくて、汚くて、臭い。

うるさいのは交通量が多いうえにクラクションをよく鳴らす。
道路は車だけじゃなく馬車や牛車、野良牛、自転車が普通に走ってる。

大気汚染に加え行った時期が酷暑期で一年で一番暑くなる時期。
しかも乾燥していてあまり雨は降らない。
よって乾燥した砂が舞うので埃っぽい。

またリクシャーや客引きがすごく声かけてくる。
人間の数も多い。(デリーとかの大都市は)

汚いのは、インドではポイ捨てが当たり前で
立ちションの習慣がある。
だから汚くてその上臭い。

公衆便所はあるんだけどそこからの臭いもあるし
立ちションもしてる。どこでもしちゃってる感じ。
それだけじゃなく日本にはいない野良牛がいる。
野良犬も多い。犬はたいてい昼間は寝てるこの時期は。
猫は少ないというかほとんど見かけない。

インドのヒンドゥー教では牛は神聖な動物なので
街中に平然と存在してるし高速道路を牛車が普通に
走ってたりする。当然糞をするしね。

だから非常にハエが多い。

またカーストですよ。
いろんな階層の人々がひしめきあってる。
いろんな人がいる。
人種も宗教も。
ヒンドゥーとイスラムがメインだけど
その他ジャイナ教とか仏教だとか…。
バックパッカーの聖地とも言われる国だから
ツーリストも多いわけでいろんな国の人がいる。

とにかくこんな状態だから
日本の常識なんて通用しません。

カオス感が少しは伝わったかな?


空港からニューデリーやコンノートへはエアポートメトロで出た。

↓エアポートメトロ車内
エアポートメトロ

地球の歩き方にはいつも混んでるみたいに書いてあったけど
自分が乗ったときはガラガラ。
市内のメトロは一日中混んでます。

Shivaji Stadium駅で降りてコンノートプレイスへ。
駅を出たら右です。
自分は間違えて左行っちゃいました。
ちょっとして気がついてインド人に教えてもらえて
無事コンノートプレイスにたどり着きました。

リクシャーには声かけられたけど拒否して徒歩で向かいました。

空港からニューデリー駅に行くよりもコンノートプレイスに
行った方がカルチャーショックは少ないですね。
それを求めてる人はニューデリー駅で降りてメインバザールに行くべきですね。

↓メインバザール
メインバザール


リクシャーワーラーや旅行会社の客引きがしつこいです。
「No、Thank You」と断りましょう。
とにかく「No、Thank You」と言い続け
ついて行かないことです。

特にニューデリー駅やコンノートプレイスには悪質な旅行会社が
多いです。日本人を狙ってきます。

私はまずコンノートプレイスの H.I.S. に
直行しました。
鉄道のチケットを予約しました。
手数料はやや高めですが日本人のスタッフが対応してくれます。
また滞在中に何かあったとき
24時間日本人スタッフが電話で応対してくれます。
これは初心者バックパッカーには心強いです。

因みに

デリー→ジャイプル
ジャイプル→アーグラー
アーグラー→カジュラホ
カジュラホ→バラナシ
バラナシ→ガヤー
ガヤー→コルカタ

の6区間を頼みました。
全てAC席で手数料込で7000ルピー弱でした。

手数料が高いですけど、日本人に対応してもらえる安心感と
24時間のコールサービスが含まれていることを考えれば妥当かなと思います。
特に英語が苦手な私には非常に助かりました。

↓インドの列車 オールドデリー駅にて
インド列車



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

kush

Author:kush
オンライン型音楽ユニット"OURCELL"にサポートギターで参加。
http://ourcell.net/

・音楽イベントTokyo Life Of Beatを主催(終了)。
現在ライブバーの設立を目指す。
・ギター弾き
(白のストラトと赤のUSAストラト)。
某音楽専門学校卒。

・音楽を愛し、エコロジーなライフスタイルを模索する人。
team-6


OURCELL


2012.1.21 Release Ourcell 3rd Single "Stranger In The Light"


2011.07.21 Release Ourcell 2nd Single "Starlight Seeker"


  アースデイ

フリーエリア
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。