FC2ブログ

ライブバー?を開業を目指す男のブログ。

kushの日記サイト

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JASRACって一体?

2009/10/09 09:18 ジャンル:JASRAC 音楽 ロック ライブハウス Category:バンドマン日記
TB(0) | CM(0) Edit

将来ライブバーを開きたいと思って日夜修行中。
いろいろと調べたりアイデアを思いついたら
メモしたりそんな日々。

そんな中での疑問っていうか怒りすら感じること。
それがJASRAC問題。

JASRACについて調べてたらやっぱり著作権料の請求があるらしいのだ。
自分が考えてる規模では月額12,000円だそうだ。

もっと調べてみると大きなお祭りやイベントでも請求してるらしい。

通信カラオケでは何の曲が何回再生されたか集計できる。
だからその楽曲の作者演奏者に対して支払いが出来る。
有線使ってれば有線の使用料に含まれてる。
つまり有線使ってる普通の飲食店やお店からもJASRACはお金取ってる。
でも有線は事業者が流した曲を管理してるから
著作権者に支払える。まだマシ。

でもJAZZ喫茶とかロックバーとかライブハウスとかの
音楽系飲食店はBGMをオーナーの趣味やDJが決めてプレイする。
ライブハウスではコピーバンドが楽曲を決める。
つまりJASRACは直接管理できない。
月額使用料って形で取るわけだ。

ここに疑問が生まれる。
月額使用料では使用楽曲を調べずにお金だけ取るわけで
使った楽曲の作者に対して正当に支払いが行われないのだ。
これでは払う気になれない。
ライブハウスではオリジナルをやるバンドも多い。
コピーとは限らない。

ちなみにストリートライブではお金を取らない限り
無料で楽曲使用できるそうです。

自分としては一音楽家、一音楽愛好家として
支払うこと事態に抵抗は無いですが
やはりJASRACのやり方、システム、
そして一方的な決定に(このシステム自体は
著作権という法律のもと一方的にJASRACが決定している。
そこに著作者や使用者一般の意見はまったく無い。
一部JASRACの幹部には著作者もいますが…。)

音楽家たちもちゃんと団体を作って行動すべきです。
結局誰かにまかせっきりで著作権料もらえるからいいやって
言う人が多い日本では。
アメリカやイギリスではアーティストや著作権者の
労働組合があって業界団体とルールについて
話し合いがある。

飲食店業界の団体は抗議してるみたいですが、
どう見ても暴挙でしかなく民主的でない。

結局お金がかかる分バンドノルマなんかにかぶせることになるし
音楽振興の妨げになりかねない。
若いアーティストはコピーなんかから始めるわけで
ライブハウスなどの音響設備のある環境での演奏に
弊害になるわけだ。
お金を取るっていったってたいした金額じゃない。
そこでやり取りされてる金額そのものは。
なんだか小さなとこから搾取してるようにしか見えない。
趣味でコピーバンドやってる方たちにも由々しき問題なのです。

前に確か音楽用のCDRやMDの記録メディアに課せられてる
著作権料がユーミンとか桑田圭介なんかに支払われた記憶があるんだけど
音楽振興に貢献したとかそういう理由で。
そのときもそれが正当な著作者に支払われるべき
だと感じたし当然オリジナル楽曲や楽曲以外の録音に
使われた分もあるわけで
なんか公平じゃない感じがする。
全ての使用楽曲は管理できないのはわかりきってるけど
やっぱり不公平。
特定のアーティストに払ってもいいけど金額として払いすぎだし
有名アーティストは十分に稼いでる。
もっと若手のアーティストが演奏できる場所を提供するとかの
なんらかの方法でもっと公平に還元できるはず。

とにかく払うこと自体に反対はしない。
でもJASRACのやり方には反対。

この問題は使用者と著作権者、アーティストがもっと話し合って
議論するべきことだよ。
このままだとこの点においてJASRACは
天下り団体の既得権益となんら変わりない。

とにかく気に入らない。
このシステムには大反対なのです。

・著作権について
著作権ひろば http://cozylaw.com/copy.html

・JASRACとの協議団体
全国音楽利用者協議会

・JASRAC
社団法人日本音楽著作権協会


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

kush

Author:kush
オンライン型音楽ユニット"OURCELL"にサポートギターで参加。
http://ourcell.net/

・音楽イベントTokyo Life Of Beatを主催(終了)。
現在ライブバーの設立を目指す。
・ギター弾き
(白のストラトと赤のUSAストラト)。
某音楽専門学校卒。

・音楽を愛し、エコロジーなライフスタイルを模索する人。
team-6


OURCELL


2012.1.21 Release Ourcell 3rd Single "Stranger In The Light"


2011.07.21 Release Ourcell 2nd Single "Starlight Seeker"


  アースデイ

フリーエリア
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。