ライブバー?を開業を目指す男のブログ。

kushの日記サイト

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月5日(sat) 四ツ谷でライブやります。

2014/06/09 10:28 ジャンル: Category:バンドマン日記
TB(0) | CM(0) Edit

参加しているセッションバンドKARASHUMI
7月5日(sat)にライブやります。

ソウル、ファンク、JAZZのセッションライブになります。
1stステージは18:30から
2ndステージは19:45頃からスタートします。

とても気楽なゆる~い感じのライブです。
お時間ある方は是非遊びに来てください♪

2014.07.05 (Sat)
Open: 18:00, Start: 18:30
LIVEやります♪♪♪

お時間のある方は是非聴きにいらしてください(o^^o)

KARASHUMI LIVE @ GROTTO

2014.07.05 (Sat)
Open: 18:00, Start: 18:30

1st / 2nd Show の2部制で演奏曲目は変わります。
Charge: 1,500円 (1ドリンク付き)

<http://grotto.sakura.ne.jp/>

〒160-0014
新宿区四谷1-20 秋庭ビルB1
JR四ツ谷駅四ツ谷口より徒歩4分

カラスミライブ2014
スポンサーサイト

音楽に金銭的価値なんてない

2014/04/13 22:40 ジャンル: Category:バンドマン日記
TB(0) | CM(0) Edit

よく最近はCDが売れないという。

当然でしょう。

you tubeがどうのとか
違法ダウンロードがどうのとかいうけど
そもそも音楽の絶対価値は変わらなくても
社会的な相対価値は下がっている。

そもそも音楽に金銭的な価値があるんだろうか?
音楽だけではない。アートとか言われる創作物すべて含めて。

音楽そのものに金銭的価値はないと断言してしまおう。

権利がどうのと言われそうだがこれは事実である。

著作権などの権利は
音楽などライブ、公演というものは
お金を払ったものに対してしか
聞かせない、観せないという
図式の利権でしかないし、
それを法律で認めただけです。

音楽でお金が入る仕組みを作ることで
音楽専業家のいわゆるプロになることで
音楽を作る、演奏することに時間を費やすことが出来る
環境をつくることが良質な音楽を作る、
音楽文化の発展に寄与するという
社会的利益、つまり人類の利益、
よりよい音楽を聞けるという利益と合致していたからです。

でももはやこの考えは過去のものになりつつあります。
インターネットが情報と時間の使い方を変え
価値感が変わったのです。

コンピューターが発達し昔に比べて
大きなお金をかけなくても
大きく時間を費やさなくても
良質な音楽を作れる環境になってきました。

つまり昔よりコストも時間もかからないわけです。
つまりコストが下がったんだから商品としても
値段が下がって当然です。

こういう変化が現実にあるのに
過去のシステムにしがみついてる状態ですね。

海外より日本のほうがCDが売れているのは
日本人が非常に保守的であることが要因です。

これは政治的にもいえますね。
既得権益との戦いなんですね。

音楽はCDなどにして初めて商品として価値がでる。
つまり音楽が商品化され付加価値が付かない限り
金銭的価値は発生しないはずなんです。
ライブは生演奏で聞ける、観れるという付加価値ですね。

データだけでの付加価値って言うとデータ化したこと
くらいしかないわけでほとんど付加価値はつかない。
だからタダでもよいわけです。

金銭的価値を出すためにはどうすればいいか?
それはもう定額制の聞き放題サービスしかないと思うのです。

いろんな曲を聞き放題できる付加価値に対して
お金を払うのです。
たくさんの人が集まればそこに広告収入も別途発生し
運営側に利益が上がる。

そして最大のメリットは曲の再生回数に対して
売上金が各アーティストに対して分配される。
今の不透明な部分の多い著作権料の支払いより
公平性が高い。

通信カラオケではもうすでに確立しているけど
利権を守ろうという既得権益者が抵抗していて進まない。

既得権益者というのは
権力を持ってますから若い世代が変えようといっても
権力をかざして変えようとしない。
今のシステムで儲かっているから手放したくない。
だから最大限に変わらないようにする。

世代間闘争といわれていますね。
ひとつの問題は
人類が健康長寿になったことで
年配の既得権益者が長く権力ポスト
についていて世代交代が遅れていること
がひとつの問題なんですね。

どっちにしろ
ネットワークが進行し
年配の世代が引退すれば
おのずと変わるのですがあまりにも
日本では遅すぎますね。

どっちにしろ貧困が進行していく可能性が高いので
音楽の値段は下がらなければなりません。

お金がある人しか音楽が聞けなくなるという
社会利益に逆行するからです。

音楽は多くの人に聞いてもらってなんぼです。
聞いてもらえなければ売る意味なんてないのです。

長くなったのでこの辺にしときましょう。

撤退することに致しました。

2013/10/15 01:27 ジャンル: Category:バンドマン日記
TB(0) | CM(0) Edit

 レンタルスペース&ライブバーSEVEN SUNDAYSの開業についてお知らせしましたが、今回トラブルが発生したため撤退する事に致しました。トラブルを乗り越えるためいろいろ画策したのですが、時間との戦いもありタイムリミットまでに解決できず断念致しました。ご支援、応援頂いた皆様には感謝いたします。ありがとうございます。

 今回の件でいろいろ勉強させて頂きました。実際やってみないとわからないことがたくさんありました。今後にも役立つこと、現在の問題点など洗いざらいになりどこに向っていけばいいか何をすればいいかがより鮮明になったと思います。自分の考えそのものは間違っていなかったという感触も得ることが出来ました。また同時に飲食店経営の難しさも感じました。開業5年後の存続率が10%程度というデータもあり、つまり新規出店した飲食店のうち10軒のうち9軒は5年後閉店しているという東京の現状で本当に入れ替わりの激しい世界であります。デフレもまだ進行したまま消費増税を控える状況下での飲食店経営はなかなか厳しいです。ライブハウス業界もまた厳しい状況にある中で小規模なライブスペースは増えつつあるようです。しかし一昔前に比べるとかなり競争が激しくなってきているようですね。
 
 今後、何年後、どういう形になるか分かりませんが向うべき場所へ向ってまた1からの出直しではありますが、目標に向ってがんばっていく所存でございます。


10月6日ライブのセットリスト公開します。

2013/09/29 16:08 ジャンル: Category:バンドマン日記
TB(0) | CM(0) Edit

10月6日四谷Grottoでのライブでのセットリスト(予定)を公開。
知らない曲ばかりだと思いますが。。。

はっきりいいまして僕もこのバンドに参加するまで
Stevie Wonderの曲以外1曲も知りませんでした。
この手のジャンルをやるのは初めてでして
バンドの中心メンバーのおじ様達?いやお兄様達に教えて頂きながら
やってます。
このバンド実は結成3年目だそうで、僕が加入してまだ数ヶ月なんですけど
初ライブだそうです。
っていうか急にライブやるって言い出してバンド名”Karashumi”も
急遽作家の中島モカコさんにつけて貰ったという。。。
まだ全曲出来るのか不安です。
一回しか合わせてない曲もあるし。。。
どうなることやら。。。
セッションバンドなのでミスとかその辺はご愛嬌ということでwww

1st Stage
1.The Chiken/Jaco Pastorius
2.It's Your Thing/Isley Brothers
3.I don't need no doctor/Jon Scofield
4.Sometimes I Wonder/Jon Cleary
5.Sheez Music/Dumpstafunk
6.I Can't Get Next To You/Hiram Bullock
7.My Brain(Zig Zag)/Sly&The Family Stone

2nd Stage
1.私の青空/Gene Austin
2.When Your Smilling/Seeger Ellis
3.I Wish/Stevie Wonder
4.Work To Do/Isley Brothers
5.People Say/Meters
6.Living For The City/Stevie Wonder
7.When Your Get Back/Jon Cleary
8.Cantaloup Island/Herbie Hancock
9.Play That Funky Music/Wild Cherry

フライヤー表

フライヤー裏



KARASHUMI are

Iwama "Doctor" Yoshitaka on Bass,A.Guitar,Chorus
Ikeda "Chad" Yoshihumi on Drums
Sugiyama Daiki on Keyboard,Sax,Banjo,Chorus
Hashimoto Naoto on Lead Vocal,Chorus
Kushida Junichi on E.Guitar
Konno Nao on Chorus

Guest: Kumada Chiho on Lead Vocal,Chorus

ライブやります!10月6日四谷GROTTO

2013/09/22 09:35 ジャンル: Category:バンドマン日記
TB(0) | CM(0) Edit

10月6日にライブやることになりました。
私が参加しているバンド”KARASHUMI”の初ライブです。
場所は四谷 ライブバーGROTTO です。
ソウル、ファンク、ジャズのカバーバンドです。
ゲストでプロで活動しているジャズシンガー熊田千穂さんとのセッションもあります。

ライブやるのって何年ぶりだろう?
ホントに久しぶりのライブ。
大丈夫かな?
まぁがんばるんだべ。

是非お暇な方は遊びに来てください。

2013.10.6 at Live Bar Grotto
open17:30 /start18:00 charge ¥1,500(1drink付)

フライヤー表
フライヤー裏



KARASHUMI are

Iwama "Doctor" Yoshitaka on Bass,A.Guitar,Chorus
Ikeda "Chad" Yoshihumi on Drums
Sugiyama Daiki on Keyboard,Sax,Banjo,Chorus
Hashimoto Naoto on Lead Vocal,Chorus
Kushida Junichi on E.Guitar
Konno Nao on Chorus

Guest: Kumada Chiho on Lead Vocal,Chorus

プロフィール

kush

Author:kush
オンライン型音楽ユニット"OURCELL"にサポートギターで参加。
http://ourcell.net/

・音楽イベントTokyo Life Of Beatを主催(終了)。
現在ライブバーの設立を目指す。
・ギター弾き
(白のストラトと赤のUSAストラト)。
某音楽専門学校卒。

・音楽を愛し、エコロジーなライフスタイルを模索する人。
team-6


OURCELL


2012.1.21 Release Ourcell 3rd Single "Stranger In The Light"


2011.07.21 Release Ourcell 2nd Single "Starlight Seeker"


  アースデイ

フリーエリア
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。